一般社団法人住宅不動産取引支援機構ロゴ

一般社団法人
住宅不動産取引支援機構(住取機構)

住宅あんしんインスペクションサービス
住宅あんしんインスペクションサービス

中古住宅の売買が不安なのは売買する物件の状態がわからないから
状態がわからないまま売買をして、そのあとに何かあったときにトラブルになるかもしれないから
住宅あんしんインスペクションサービスをご利用いただければ、建物や設備の状態を確認でき、
保険・保証サービスに申込ができるので売主様も買主様も「あんしん」です。

中古住宅だから多少の傷みや不具合があるのは当たり前と思っているあなた
そのままの取引で本当に安心ですか??

  • きちんと建物や設備の状態をわかって売買していますか?

中古住宅だから多少の傷みや不具合はあるでしょう。
しかし、現在の取引はきちんと現状を確認しないまま、進められることもあるようです。

  • 売買したあとにもし何かあったら誰の責任でしょう?

契約時に売主様の責任期間を示すこともありますし、そもそも売主様は「免責」とすることもあるようです。
それでも、引渡し後に不具合が見つかって困っている買主様、買主様から苦情を受けてトラブルになる売主様もいらっしゃいます。

事例1 事例2
  • 住宅の「インスペクション」って何?

消費者が中古住宅の品質や性能に不安を感じている中、中古住宅売買時点の物件の状態を把握できるインスペクション(建物検査)サービスへのニーズが高まっています。
中古住宅売買時のインスペクションは、国交省によってその検査範囲・項目や検査方法、検査人の資格条件など、サービス提供に際しての留意事項等についてガイドラインが示されています。
住宅あんしんインスペクションサービスで提供する建物検査では、このガイドラインの内容を踏まえ、建築士などの有資格者が目視等中心とした非破壊による現況検査を行うことで、構造上の安全性や日常生活上の支障の有無を確認します。



新規会員申込みフォームはこちら